【メンター探し・準備編】理想の人生を明確化する

こんにちは!
世界のパイオニア&クリエイティブリーダー、
あなたの情熱(Passion)の着火剤、みっちーです!
I’m a fire lighter of your passion!

あなたは、【メンター】という言葉の意味を知っていますか?

【メンター】とは、人生または仕事上の指導者、助言者を意味しています。

まだ、日本ではあまり聞いた事がないかもしれませんが、

英語圏では日常的に使われている言葉です。

メンターとは、人生のガイドになります。

素晴らしいメンターと出会う事は、

あなたの人生をより成長・拡大させる事でしょう。

ここでは、素晴らしいメンターを見つけ出すのに、

あなたにとって、何をすることが、一番最初に必要なのかを、見ていきましょう。

人生にはガイドが必要

サイト内の記事、「メンター次第であなたの未来は決まる?!Part1」でも

述べたように、人生を登山に例えました。

道のりが険しく厳しい山に登るには、優秀な登山ガイドが必要です。

いかに楽しく山登りを楽しむか、そのコツを、教えてくれるのが登山ガイドです。

メンターとは、登山ガイドのようなものです。

メンターとは、あなたが人生の転機や岐路に立った時、

進むべき方向へと導き、人生の指針になってくれます。

あなたの隠れた才能を見抜き、信頼し、応援してくれます。

もし、物事が上手く行っている時に、

あなたが傲慢になり、謙虚さを失っているとしましょう。

そんな時は、本気で叱り、軌道修正してくれるかもしれません。

それから、あなたが急に偉くなったり、成功してしまうと、

周囲に本音で接してくれる人が、少なるかもしれません。

そんな時でも、あなたを対等に扱い、

あなたに初心の頃の気持ちを、思い出させてくれるかもしれません。

そういう事から、素晴らしいメンターとの出会いは、

新しい世界の扉を開いてくれるチャンスと言えるでしょう。

メンターには、【ガイド】という側面と、【アドバイザー】という側面があります。

メンター選びによって、あなたの人生が大きく変わってきます。

ですから今後、あなたが生きたい人生は、どういう人生なのかを

明確にする必要があります。

理想の人生を明確化する

「あなたは、どんな理想の人生を送りたいと思っていますか?」

そう聞かれても、具体的にハッキリと答えられる人は

意外と少ないかもしれません。

しかし、

「あなたが絶対に、イヤだと思う人生は、どんな人生ですか?」

と聞かれたら、案外すんなりと答えが出るかもしれません。

例えば、

生活費を稼ぐために、好きでもない仕事をして働く事。

いつも時間に追われ、ゆっくり出来る時間がない事。

貯金残高を気にしながら、生活する事。

ストレスを感じながら、仕事をする事。

自分の夢を否定する人間関係。などなど。

この例えは、実際私が思ってた事です( ;∀;)

これらを今後、私の人生では、絶対に受け入れない!と

強い怒りの気持ちで、自分自身に宣言しました。

あなたが絶対イヤだと思っている事の、正反対の事が

あなたの本当に生きたいと思っている、生き方かもしれません。

あなたの人生を、よりワクワク楽しませる事は何か?

より充実して、幸せに生きられる事は何か?

考えてみましょう。

そして、素晴らしいメンターを見つけ出すために

まず、あなたの望んでいる人生を、明確化してみましょう。

自分の目指すレベルを決める

あなたは、超一流の人間になり、超一流の人生を送りたいですか?

それとも、一流でしょうか?二流、三流でしょうか?

あなたは、一体、どのレベルを目指していますか?

そのレベルによって、選ぶメンターも変わってきます。

人によって、「断然、私は超一流な人生を生きたい。」という人もいれば

「私は、三流のそこそこな人生でいいわ。」という人もいます。

私は、二流や三流で一生を終わりたくないので、

今のところ、一流の仕事を目指しています( ̄▽ ̄)にひひひ。

「一流」という言葉の響きが、カッコよくて好きです♪

でも超一流は、色んな事が大変そうだから、あまり惹かれません。

これは、超一流だから偉くて、三流だからダメという事ではありません。

例えば、【超一流の人生】は、全てを犠牲にしがちになります。

超一流になると、仕事では大きな実績を残せても、

プライベートでは上手くいってない、という事がよく起こります。

仕事に没頭する為、その分だけ、プライベートが犠牲になりがちです。

平凡で、ごくごく普通の人生を楽しむ余裕が、ないと言えます。

【一流の人生】では、全てにおいて一流を目指すので、

少々息苦しい所があります。

一流の仕事、一流の家庭、一流の会社、一流の仲間・・・。

活躍の場も広範囲で多岐に渡るので、フットワークの軽さが必要です。

何でも一流でなければならないと考えると、結構しんどいものです。

私は、一流の仕事と仲間、環境を目指しています。

それ以外は、二流や三流でも気になりません。

全てにおいて、一流でなくてはならないというスタンスを捨てれば

一流でも、気持ちが楽になるのかもしれませんね。

【二流の人生】は、人によっては中途半端で、

イヤだと感じる人がいるかもしれません。

しかし、経済的にはある程度の余裕があり、人間関係も良好です。

自分の仕事に打ち込むよりも、周囲の協調性を大事にするので、

幸福度が高いと言えます。

【三流の人生】は、人によっては気楽に感じるかもしれません。

しかし、誰かにバカにされたり、批判されて卑屈になったり、

落ち込む人もいます。

お金の問題や仕事のトラブルに、追われる可能性があります。

【二流の人生】が、一番一般的な幸せに、近いかもしれません。

一流の人たちのように、周りからの賞賛がない代わりに、

嫉妬されたり批判される事もなく、比較的穏やかな人生を送る事が出来ます。

大切なのは、

「あなたは、どういう人生を送りたいのか?

どのレベルを目指しているのか?」という事です。

あなたが一番しっくりくる、丁度よい人生観を見つけましょう。

そして、それに合わせて、メンターを選んでいきましょう。

まとめ

  • メンターは人生のガイド役!
  • 自分の理想の人生を明確化する!
  • 自分の目指すレベルを決める!

あなたの一瞬一瞬が、ワクワクと共にありますように!!

愛を込めて!! byみっちー

※サイトマップに移動する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする