正しくて賢い寄付行為とは?3つの意外な提案

こんにちは!
世界のパイオニア&クリエイティブリーダー、
あなたの情熱(Passion)の着火剤、みっちーです!
I’m a fire lighter of your passion!

あなたは【寄付する】や【寄付金】と聞いて、どんなイメージを持っていますか?

日本では個人が、多額の寄付をするというのは、あまり話題にあがって来ませんし

聞きなれませんよね。

私の場合、【寄付する】や【寄付金】と聞いて思い浮かぶのは、

法人税や消費税など、税金対策や税金控除のために、寄付するというものです。

今、私は色々な【成功哲学】の本を読んでいます。

その中でも、【幸せな成功者】の多くは、自分の収入の1割を寄付しています。

自分が得た【富】を全て独り占めするのではなく、一部を世の中、つまり天地宇宙に

お返ししているのです。

お金もエネルギーですから、エネルギーの循環している流れをせき止めれば

いずれ自分に回って来なくなるというのを、彼らは知っています。

そして、正しくて賢い寄付の仕方も知っているのです。

私たちも、少額ではありますが、時々寄付をする事があると思います。

そんな時、本当に正しくて賢い寄付の仕方を、しているのでしょうか?

「周りのみなさんがしているので、私も・・・。」

なんて肩身の狭さから寄付していませんか?

また、「かわいそうだから、助けようかな・・・。」

などと同情から寄付していませんか?

ぜひ、私と一緒に、お金の【賢い寄付の仕方】を、学んでみませんか?

【同情】や【哀れみ】の寄付は、愚かな行為

あなたは、経済的に絶望している友人を救おうとした事は、ありますか?

そのような場合、お金を貸すのは、【愚かな行為】です。

なぜならお金の適切な管理を出来ない友人は、あなたから貰ったお金も

今までと同じ様に、管理するからです。

おそらく友人は、すぐにお金を失ってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

また、【慈善事業】は、宗教的・道徳的に弱者を救う事を目的としています。

しかし、罹災者(りさいしゃ)・保護者のいない児童・ 病人・老弱者・貧民など

世界中の弱者を救おうとすると、キリがありません。

もし、仮にあなたが【慈善事業】に寄付した場合、何が起こると思いますか?

毎年、弱者救済の問題はちっとも解決されず、また1年が経ちます。

いずれ、あなたの寄付したい願望は、徐々に衰えていくでしょう。

それと同時に、受け取る側も寄付される事が【習慣化】し、感謝の気持ちが薄れていきます。

しかし、寄付を手に入れる事への【期待感】が高まる事が、多いのです。

やがて、あなたは【義務】を感じ、あなたが寄付を拒否すると、

相手はガッカリするか、怒り出すのです。

こうして、あなたの想いは、与えたいという【好意】から、

与えなければならないという【義務】へと変化していきます。

これは、本当に賢い与え方でしょうか?

「かわいそうな人たち・・・」と思いながら、

【同情】や【哀れみ】からの寄付は、愚かな行為と言えます。

【受け取る事】と【与える事】のバランスをとる

宗教などに対して与えたいという願望が強すぎて、財産を失い、

貧しくなった人たちがいます。

自分には何も与えずに、何らかの対象にお金を与える事は、

【賢い行為】とは、言えません。

あなたが自分自身に積み上げ、後になって寄付する事も出来ます。

例えば、亡くなる前に、自分の遺産を世の中に寄付する事も出来るのです。

早まって全てを与えてしまうよりは、その方が、ずっと賢いのではないでしょうか。

宇宙は、【受け取る事】と【与える事】のバランスを維持しています。

もし、あなたが無償で何かを与えている。

もしくは、無償で何かを受け取っているとしたら、

あなたは【自己価値】を貶(おとし)めている事になります。

あなたが他の人に価値あるサービスを与える事。

そして、それにふさわしい価値ある報酬を受け取る事を、考えてみましょう。

まずは、あなた自身を満たしてあげる事が大切です。

これを行えば、十分満たされた時、周りにと【豊かさ】を分け合いたくなります。

3つの賢い寄付の仕方

1つ目:救う必要があると感じる人達ではなく、

自分に希望やインスピレーションを与える相手に寄付する。

弱者にたいして、【同情】や【哀れみ】からの寄付は、

彼らの可能性を否定する、愚かな行為と言えます。

ですから、絶望ではなく、あなたが希望を感じる事に投資しましょう。

あなたに、インスピレーションを与える相手や理由に、寄付をしましょう。

あなたが希望を感じるインスピレーションに寄付する時、

内面的豊かさのレベルが高まります。

ですから、あなたが品格の高い人になっていけるよう、

尊い慈善行為を行い、賢く生きましょう。

2つ目:他の人への寄付と、あなた自身に対する寄付の

バランスを崩さない。

自分には何も与えずに、何らかの対象にお金を与える事は、

【賢い行為】とは、言えません。

あなたが自分自身に積み上げ、後になって寄付する事も出来ます。

例えば、亡くなる前に、自分の遺産を世の中に寄付する事も出来るのです。

ですから、あなたが【受け取る事】と、バランスをとって【与える事】は、

非常に大切なのです。

3つ目:匿名で寄付をする。

あなたが【匿名】で寄付する事により、寄付された側は、

【誰】に感謝するでしょうか?

彼らは「神さま、ありがとうございます。」と天を見上げるのです。

寄付された側は、品格を奪われる事もなく、あなたに世話になろうと

期待する事もありません。

その代わりに、天地宇宙全体に感謝します。

そして、天地宇宙からの感謝のエネルギーが、あなたへと流れ込みます。

賢明なる【匿名】の慈善行為と、絶望を救うための【愚かな施し】には、

実に大きな差があります。

「かわいそうな人たち・・・」と思いながら、

【同情】や【哀れみ】からの寄付は、愚かな行為と言えます。

あなたは【匿名】で寄付する事により、時間を超越した内なる【達成感】を

得る事が出来るでしょう。

まとめ

  • 【同情】や【哀れみ】の寄付は、愚かな行為!
  • 宇宙は、【受け取る事】と【与える事】のバランスを維持している!
  • 希望やインスピレーションを与える相手に寄付する!
  • 他人と自分に対する寄付のバランスを崩さない
  • 匿名で寄付する!

あなたの一瞬一瞬が、ワクワクと共にありますように!!

愛を込めて!! byみっちー

※サイトマップに移動する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする