並木良和流・田無神社の参拝方法と龍神さんと繋がる方法について 2019.3.27

こんにちは〜っ!

世界のパイオニア&

クリエイティブリーダー、

広島在住のMICHIですっ!

I’m MICHI,pioneer &

creative leader in the world!

共同創造の世界へ、ようこそ!

こうして魂の家族に出会えた事が、

嬉しい♪

ただ今、広島で100人の

ヴォルテックス仲間を

募集中です!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

最近、スピリチュアルカウンセラー、

作家・セミナー講師である

「並木 良和(なみき よしかず)」さんの

本『目醒めへのパスポート』を購入し、

読んで号泣したよ〜!

現在の私は、「並木」さんに夢中で

動画の音声を聞いたり、並木流の

統合ワークに、ふけっております!

( ̄w ̄)ふふふ

今回は、龍に関する記事のアップを

急げと、龍から催促が来ました!( ̄▽ ̄;)

そこで、ユーチューブ動画の

チヒロ☆なう2019 ①」で紹介された

西東京市にある、「田無(たなし)神社」!

そして神社の参拝方法や、龍神さんとの関わり方、

龍神さんと繋(つな)がる方法ついて、

書いてみたよ〜!

それでは、一緒にチェキラ〜☆

五龍が祀られている西東京市の田無神社

チヒロ☆なう2019 ①」で紹介された

西東京市にある、「田無(たなし)神社」は

五龍 → 黒龍、赤龍、白龍、青龍、金龍が

祀(まつ)られており、立地がパワフルなんだと!

そして、本殿の金龍をはじめとし、

それを囲むように、東西南北に

龍が祀られているので、正しい順番に

お参りするのがgood!

4番目:黒龍

北の守護神

新しい風、流れ、

新しいエネルギー

3番目:白龍

西の守護神

収穫、受け取る力

浄化

5番目:金龍

本殿

人生の基盤作り、

自分軸を作る

2番目:青龍

東の守護神

発展性

1番目:赤龍

南の守護神

先見性、予見力、

見通す力、直感力

※迷いが生じた時に

サポートしてもらう

<正しい神社の参拝方法>

鳥居をくぐる際は、真ん中は

神様の通り道なので、避(さ)ける!

『失礼します。』と言って一礼して、

しっかり挨拶してから、くぐる事。

鳥居の左側を通る際には、左足から、

鳥居の右側を通る際には、右足から。

と言うのも、鳥居に入る瞬間は、

神様のお使いである、眷属(けんぞく)さんが

私たちの礼儀作法を、しっかりと

チェックしてるんだって!

神社の中では、基本的に真ん中は

神様の通り道なので、極力は端を

通るとイイですね!

次に、手水舎(ちょうずや)の水で

両手を清め、口をすすぎましょう!

これにより、心(魂)も洗い清める

という意味があります。

手水を使うときの作法は、まず

右手で柄杓(ひしゃく)を持って

水を汲み、左手にかけて左手を清めます。

次に、柄杓を左手に持ち替えて、

同じように右手を清めます。

再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに

水を受け、その水を口にふくんですすぎます

口をすすぎ終えたら、もう一度水を

左手にかけます。

最後に水を入れた柄杓を立て、

柄に水を流してから、柄杓置きに

伏せて置きます。

神社とは、神様にお願いすると言うより、

自分自身の中にある神聖さに向き合い、

自分の神性を意識する事で

自分自身が神だったと、想い出す

場所なのかっ!!

そうだよね!

だって私たちは、元々、光であり

大いなる存在の一部だったんだから、

神様って事だもんね!

それが、自分の外に神を求めたら、

おかしい話だわな!

何か、この動画を見た時、今までは

ちょいと他力本願的だった自分が、

より自力本願になったのよね〜!

『自分軸』!!!

だから、2019年の初詣は、そういう

意識で、ご祈祷をお願いする事が出来た!

更に、神社でお願い事をするより、

『ご縁を繋いで頂いて、ありがとうございます。』と

感謝の気持ちを、神様に伝えてください

との事!

自分自身が、何を望んでいるのか、神様に

細かく言う必要はないので、(神様は

分かっているそう)、とにかく感謝の

気持ちを伝えてくださいだって!

そんで、神社参拝は、人間と神様との

エネルギー交換、相互交流なんだって!

この関係性に上下関係はなく、対等なのだ!

これが一番効果的な、神様への

祈りかたなんやね〜!

「並木」さんは、ホンマ

ええ事言うわ〜〜〜!

神社の本殿で参拝する時、

めちゃめちゃ混み合っていたら、

あえて、気持ちが落ち着く場所で

拝殿に向かって祈る方が、かえって

いいそうな。

だって、神社は自分自身の神聖さと

向き合う場所だから、あまりにも

周りに人が多いと、気が散って

自分の内側と、向き合えないもんね〜。

そして、初めて知った!!

正しい参拝方法は、

『三礼三拍手一礼』だそう。

これは、造化三神である、

宇宙を造(つく)った、三柱の

神様に対する挨拶だから、

『三礼三拍手一礼』なのだ!

ちなみに、並木さんによると、

今までやってた、二礼二拍手一拝だと、

神様とのゲートが、閉じちゃう合図らしい。

Σ( ̄Д ̄;)マジか〜!

人の目は気にしない!

今後は、『三礼三拍手一礼』で行こう!

スポンサードリンク

神様の歓迎のサインは?

神社参拝の時、太鼓が鳴り出しだり、

舞や演奏や祝詞(のりと)が

始まったりしたら、神様から

歓迎されているというサイン!

あとは、突然、木々が

ザワザワしたり、鳥が急に

騒ぎ始めた時は、その存在が

その場所に、降り立ったという

サインだそう。

結構、私も神社参拝する時、

急にご祈祷が始まったり、

雅楽の演奏が、始まったりする事が

あって、超ラッキーとか思っていた!

あと、本殿で挨拶すると、

急に風が、サ〜っと吹き抜けたりして、

神様が答えてくれるのだ。(*´∇`*)

龍神さんと人間の関わり

「田無(たなし)神社」の参拝時に

「並木」さんは、私たちと龍神様との

関わりについて、語ってます!

神社などに祀(まつ)られている

龍神さんに力がある、と言うより、

私たち自身が、龍神さんを意識する事で

龍神さんに繋(つな)がるんです!

私たちの意識が、意図を向ける事によって

龍神さんと繋がり、そのエネルギーを

創り出すと言うことです!

「並木」さん曰(いわ)く、私たち日本人の

とても深い所にあるエネルギーが、龍神さんの

エネルギーなんだって!

だから、私たち一人一人が、元々

龍神さんと繋がる、DNAデータ、

光のコードを持っていると、

私は思うのです!

龍神さんと繋がる方法

さて、ここからは私の実体験です!

一番最初に、私の元に

来てくれた龍は、男性エネルギーの

金龍と、女性エネルギーの銀龍でした!

↓ これが、その時の記事。

「2匹の龍と鳳凰と会話してみたら、近々壱岐島に行く羽目になる!2018.10.23」

キッカケは、2018年の9月に

宇宙理論の「happy」ちゃんの動画を見て、

パカ〜〜〜んしまして、今後一切、

自己否定や罪悪感や無価値感を

感じるのは、やめようって決めたんです!

そしたら、自分自身が出す波動が

一気に高くなりました!

そして同年10月、「happy」ちゃんの親友の

「愛」ちゃんが、龍と会話する動画を見て、

『自分にも龍がいるかも?』って思い、

話しかけたら、龍が答えてくれたんだよ〜!

これは、単なる私の妄想だろうか???

な〜んて、最初は自分を疑ったりしたんだけど、

真実だと思えるような、色んな証拠を

龍たちが見せてくれて、本当かもしれない・・・

と思ったわけ。

結局、この世界の創造主は、私たち本人なので

自分が、そう思い込んだら、それが本当に

なるのよね〜!

私の龍と会話し出して、その事実確認を

するために、「MOMOYO」さんの著書、

不思議なパワーが奇跡を起こす

あなただけの「龍」とつながる方法』を

買って読みました!

この「MOMOYO」さんの本には、

具体的に龍と繋がる、手順が書いてある!

私はこの手順に基づいて、龍と繋がった

わけじゃないけど、この本の方法を

試すのもいいかも。

「並木」さんも言ってるように、

私たち日本人のDNAには、龍の

エネルギーが、深い所にある!

だから、日本人の誰もが、龍に

繋がれると思うのね!

ただ、龍が自分の元に、来てくれるから

人生が好転するんじゃない!

自分が龍に好かれるような

人間になったから、私の元に

龍が来てくれたと思うのです。

龍は決して恐ろしいものではなく、

とっても愛嬌(あいきょう)がある、

友達なんだよね!

あなたの中で、準備が整ったなら、

『私の龍、やっほ〜!』って、

龍に話しかけてみてね!

そして、龍と友達になってみて!

まとめ

私たちは、元々創造主だったんだから、

外側の神様にすがるのではなく、

内側の自分の神性さに気付き、

自分の力で、現実創造していく!

これからは、神社参拝の方法を

変えていく必要がある!

そして、日本人のDNAに刻まれた

龍のエネルギーを、今、一人一人が

想い出す時!

本当の自分に目醒め、この世界が

変わっていく時を迎えた!

あなたが、少しでも

ラクになるヒントになれば、

めっちゃ嬉しいわ!

あなたの一瞬一瞬が、

ヴォルテックスと共に

ありますように!!

愛を込めて!! by MICHI

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする