驚愕!神社の鳥居・支配者による【裏】の役割とは?#138

はい、どうも!ミチです!

魂の家族の皆さん、元気ですか?

今年2020年の7月くらいから出会った本の内容が、

衝撃的でした!それが、これ!!!

●参考書籍:ミナミAアシュタールさん著

「新・日本列島から日本人が消える日 上下巻」

今までの私の概念が、一気にくつがえるような

それでいて、「だから、この世界システムって、おかしいし、異常なんだ!!!」

って、腑(ふ)に落ちたんですよね!

そうは言っても、この本の全てを

私の中で、採用しているわけではなく

納得がいく部分のみ、採用しています。

世の中の情報を、そのまま鵜呑(うの)みにせずに、

一度疑ってみて、いろんな角度から、考えてみる!

自分自身のハートを使って、自分の力で考える眼力を

身に付けていきましょう!

そうすれば、たやすく世の中の情報に、一喜一憂する事が

少なくなりますよ。

水棲龍族ドラコニアンから見た日本・世界の歴史

さて、今回は、「新・日本列島から日本人が消える日 上巻」の内容から

「驚愕!神社の鳥居・支配者による【裏】の役割」に関して

お話ししていきます。

この本の内容を語っているのは、水棲龍族ドラコニアンの

「さくや」さんという宇宙人が、日本や世界の本当の歴史を

語っています。

天皇の血筋は入れ替わり、神の血を引いていない

前回、日本書紀や古事記は、宇宙人ナーガが人間を支配する為に

創り出したものだとお話ししました。

そして、宇宙人ナーガは、自分たち「神」と話ができる神官として

天皇というポジションを作り、その天皇(=神官)を中心に

日本列島を支配・統一しようと考えた訳です。

天皇は特別で、人間の中で一番偉くて尊い存在で、

天皇(=神官)をトップにした、ピラミッド社会を

日本列島に創ろうとしたんですね。

天皇の血筋は、代々引き継がれているものではなく、

その時の権力者によって、入れ替わっている。

だから神の血を引くような、特別な存在ではないって事。

神社の鳥居・支配者による【裏】の役割

そして、宇宙人ナーガと直接会ったとされる幕の内が、

今の神社という場所になった。

神社の建物よりも、問題なのは「鳥居」。

「鳥居」は、波動調整装置として設置された。

そして、「鳥居」はエネルギーの流れを、わざと止める為に

日本列島に打ち込まれた「死に針」の役割をしている。

マジで〜〜〜!!!(驚)

重い波動を好む宇宙人たち(レプティリアンやナーガ)は、軽い波動が嫌い。

日本列島は、ムーの軽い波動を受け継ぐ、軽い波動の土地なので、

それを重たくしようと、エネルギーの流れをズタズタに断ち切る為に、

宇宙人ナーガが「鳥居」を作った。

実は神社とは、日本列島の波動を重たくして、日本に住む人々を

支配する為に、宇宙人ナーガが作ったもの。

もう、目が点なんですけど〜〜〜!

実際に、今現在存在している神社の全てが、

そういう目的で作られているのか、疑問ではあるよね。

スポンサードリンク

神社に神様はいない?!異次元存在に関して

ミナミAアシュタールさんのユーチューブ動画

『超次元ライブ7 【神様は宇宙人】』では

「神様は、いない!!神社で繋がっているのは、異次元の存在

(精霊、妖怪、鬼族、幽霊など人の目に見えないエネルギー体)である事が

多い!」と、「さくや」さんと「あつし」さんが話をされてます。

要するに、神様を装った低次元の存在が、神社には多いって事でしょう。

更には、こういった異次元の存在たちは、イタズラ好きなので、

お願い事をしに来た人間たちを、バーンと持ち上げて、バーンと落とす事をやる。

例えば、とてもラッキーな出来事を起こしておいて、その後に、

不幸な出来事を起こさせる。

そうしたら、気持ちが落ち込んで、一気に重たいエネルギー(感情)を

人間たちが出して、その重たいエネルギーが好物の、低次元の存在たちが、

ウハウハに喜ぶっていう。www

神社のお賽銭(さいせん)は、お願い事をする為の「契約」で、

自分のお願い事を叶える為の対価を、私たちが支払っているという事。

「軽いエネルギー体の存在は、契約は絶対しません!」と「さくや」さんが

言っています。

また、日本の神様の名を名乗る、ナーガ系の宇宙人と繋がる可能性もあるとの事。

実際の所、神様や天使や龍などの高次元存在は、いないのか?

神社で、どんな存在にアクセスするかは、その人次第って事よね!

私たちが、どこの周波数(チャンネル)に、

合わせているかで、繋がる存在が変わってくるのですね。

そして、「誰かに、どうにかしてもらおう」という他力的な

思考でいると、そういう低次元の存在に、利用されやすい!

この世界を創造しているのは、私なんだ!という創造主の

目線を忘れない事が、大切ですね。

今年に入って、メッキリ神社に行きたいと

思えなくなっていた私だったので、こういう

理由を知って、なるほどな〜と納得しました。

ミナミAアシュタールさんや、あつしさんは、

「神様や天使は、存在していない。」と断言していますが、

私は、日本の神様や天使など、高次元の存在たちは、存在している

と考えています。

だって、人間の意識が、宇宙意識に目覚め、あらゆるものを

創造する力があるとするなら、人類が望めば、高次元存在達も

誕生し得ると思うのです。(あくまで依存的な存在としてじゃなく)

実際に、私は大天使や龍ちゃんに、色々とサポートを

お願いする事もあります。

完全に、彼らに丸投げするんじゃなく、動くのは私、

そして「一緒に手伝って〜!!」と協力を求めるだけ。

彼らにサポートをお願いすると、物事がスムーズに

サクサク進む事が、多いのです。

私自身が、そう思い込んでいるから、そういう現実を

創っているのかもしれんけど。

でも、一緒に、高次元存在達と協力して、やった方が

楽しいし、テンション上がるし、ウキウキ&ワクワク

出来るなら、やったら良いんですよ!

私たち、一人一人が、自分の中の真実を

生きればいい。

総じて、神社は、御神体が山である事が、

多いので、自然界のエネルギーに満ちていて、

空気が澄んでいる場所が、多いと思います。

だから、あなたが神社やお寺巡りが好きで、

その場所に行ったら、気分が良くなるなら、

行ったらいいと思います。

まとめ

と言うわけで今回は、

「神社の鳥居・支配者による【裏】の役割」

に関して、お話ししました。

あなたと出会えた事に感謝します!

それじゃ、またね〜!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする